iPhone

Apple、iPhoneの位置情報データ収集は、GPS衛星を素早く見つけるための、WiFiスポットと携帯電話電波塔の位置だと説明

Appleが、iPhoneの位置情報データ収集に関する説明「Apple Q&A on Location Data」を発表しています。

Appleの説明によると、この位置情報記録によって、ユーザーが追跡されることは無く、これらは、WiFiスポットと、携帯電話電波塔の位置を記録していて、これらの位置情報を元に、GPS衛星を素早く見つけるために利用しているそうです。

実際に、7日間以上のもデータを記録する必要は無く、バグとして、次の修正ソフトウェアアップデートで、これを修正する予定だそうです。

また、次のメジャー iOS ソフトウェアアップデートでは、このデータキャッシュを暗号化すると説明しています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事