etc / サポート

Apple Store、オンライン修理サービスの、Apple Watch Series 2 保証対象外 (OOW) 修理、およびバッテリー交換費用について

Appleが、サポート情報「Apple Watch の修理サービス料金」を公開し、液体侵入が原因で故障したApple Watch Series 2などを交換修理(本体交換)する場合の金額を公開しています。


・Apple Watch Series 1 (アルミニウム) 19,800円
・Apple Watch Series 2 (アルミニウム)、Apple Watch Nike+ 22,800円
・Apple Watch Series 2 (ステンレススチール)、Apple Watch Hermès 24,800円
・Apple Watch Edition (ホワイトセラミック) 81,400円

Apple Storeでは作業手数料が発生しませんが、アップル正規サービスプロバイダの場合は作業手数料が発生する場合があります。

Apple Watchシリーズのバッテリー交換については、一律料金の「7,800円」となり、以前と比べて2,000円値下げされています。

ただ、1年保証が切れた端末が存在しないため、保証ポリシーに基づく修理となります。

バッテリー交換は、iPhoneとは異なり、iPod touch、iPadと同じ本体交換での対応となります。

本体がバラバラになるほどの壊滅的な損傷や不正改造による機能障害などがある場合は、保証対象外 (OOW) 修理サービスの対象になりません。

なお、AppleCare+「AppleCare+ for Apple WatchとAppleCare+ for Apple Watch Nike+」(4,800円)に加入している場合は、操作上の不慮の事故に対する修理などのサービスを1回につき8,400円、「AppleCare+ for Apple Watch EditionとAppleCare+ for Apple Watch Hermès(9,800円)に加入している場合は、操作上の不慮の事故に対する修理などのサービスを1回につき9,800円のサービス料で最大2回まで受けることができます。


Apple Watch 修理サービス料金 (第 1 世代)の保証対象外バッテリーサービスも一律7,800円に値下げされています。

また、保証対象外修理サービス料金も改訂され値下げされています。


・Apple Watch Sport 19,800円(8,000円値下げ)
・Apple Watch 24,800円(15,200円値下げ)
・Apple Watch Hermès 24,800円(15,200円値下げ)
・Apple Watch Edition 284,800円(57,600円値下げ)


関連エントリー:Apple Retail Store、オンライン修理サービスの、Apple Watch 保証対象外 (OOW) 修理、およびバッテリー交換費用について


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事