etc / サポート

iCloudカレンダーの利用を停止して、OS X LionのiCalで単独利用する方法

Appleが、サポート情報「iCloud:iCloud カレンダーを無効にした場合に iCal から削除されるカレンダーとリマインダーのデータ」を公開し、OS X Lion 10.7.2以降で、 iCloud カレンダーを無効にするか、iCloud アカウントを削除すると、MacのiCalからiCloudカレンダーの情報が無くなると説明しています。

このiCloudカレンダーの情報をコピーするには、iCalのカレンダーまたはリマインダーのリストを選択して、ファイル>書き出す>書き出すの順に選択し、.icsファイルの書き出しを行います。

保存したいカレンダー/リマインダーの各リストで同じ作業を行ったあと、iCloud カレンダーを無効にするか、iCloud アカウントを削除します。

その後、保存された ICS ファイルをダブルクリックして、iCal に読み込みすることで利用出来るようになります。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事