etc / サポート

OKIデータ、Mac OS X 10.6.8で印刷出来なくなる問題に関してのサポート情報を公開

OKIデータが、サポート情報「Mac OS X 10.6.8環境で当社製品使用時の不具合について」を公開し、Mac OS X 10.6.8でネットワーク上に接続された同社製PostScript対応プリンタに印刷した場合に発生する不具合についてのサポート情報を公開しています。

現在確認されている不具合は「現象1:10.6.8にアップデート後、Macから印刷指示にてMac側のプリントキューが一時停止となる。プリントキューを再開しても、直ぐに停止してしまう。」と、「現象2:10.6.8にアップデート後、Macから印刷指示にて印刷は行われるが、機器側は正常であるにもかかわらず、Macのプリントキューに以下のメッセージが表示される。」の2つで、現象1については、使用機種のPPDファイルを修正することで、回避できるそうです。


関連エントリー:富士ゼロックス、Mac OS X 10.6.8で印刷出来なくなる問題に関してのサポート情報を公開


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事