etc / レポート

Adobe Creative Suite 3の移行率は6〜7割

先日のDTP関連のセミナーで、参加してる方に対して、Adobe Creative Suite 3.3 Design Premiumに移行されてる方がどれぐらいなのか、挙手でアンケートを行ってるのを見たのですが、どうも7割ほどが購入済のようでした。

その後、移行状況を関係者に訪ねたのですが、東京はさらに率が上がり、全国的には約6割以上の移行率になってるようです。

そのうち実際にメインで使用されてる率は下がるでしょうが、やはり、AppleがIntel Macへと急速に移行を始める中、Adobe Creative Suite 2はRosetta上での動作で、Mac OS X Leopardに正式対応をうたってなかった状況だったのに対し、Creative Suite 3は、Universal バイナリー対応とMac OS X Leopard対応の2点が実現出来たため、それが大きな導入理由になってるようです。

あと、アップグレードポリシー変更についても要因だと思われます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事