etc / レポート

マツダ、CX-8、CX-5のマツダコネクト「CarPlay」対応をチェック

CX-5/CX-8

CX-5/CX-8

マツダが販売する、2018年11月29日発売の改良型「CX-8」と、2018年11月22日発売の改良型「CX-5」から、コネクティビティシステム「マツダ コネクト」が「CarPlay」と「Android Auto」に対応したのでチェックしてみました。

CX-5、CX-8共にセンターディスプレイは同じです。


マツダ コネクト

マツダ コネクト

コンソールボックス内にあるUSBコネクタのうち、スマートフォンアイコンが書かれた方にLightning USBケーブルを接続し、さらにLightningコネクタにiPhoneを接続します。

初回のみApple CarPlayを接続するダイヤログが表示されるので「開始」を押します。


マツダコネクト:CarPlay

マツダコネクト:CarPlay

センターディスプレイ上にCarPlay画面が表示されます。

基本は、センターに設置されている「コマンダースイッチ」を使用して操作しますが、ハンドルの「トーク」ボタンを押してSiriを呼び出し、音声コントロールも可能です。

停車時のみタッチパネル操作が可能です。


USB On-The-Go規格対応USBハブ

USB On-The-Go規格対応USBハブ

CarPlayに対応したマツダ コネクトは、USB On-The-Go規格に対応したUSBハブが必要のようで、CX-5、CX-8のどちらも新しいUSBハブに変わっていました。

また、CMUのソフトウェアも最新版となっていました。


関連エントリー
米マツダ、2014年以降のマツダコネクトをCarPlay対応にするキットを販売すると発表
マツダ、アメリカで改良型「CX-3」モデルでCarPlay対応する理由は、購入条件で重要になっているからと説明
マツダ、クロスオーバー SUV「CX-3」が、CarPlay対応すると発表



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事