etc / レポート

CP+2018:Sprocomm、iPhone向け軽量3軸ジンバル「PIRO MINI」などを展示

PIRO MINI/PIRO S2

PIRO MINI/PIRO S2

CP+2018において、Sprocommが、iPhoneなどのスマートフォンをマウントして使用する3軸ジンバル「PIRO MINI」と、1軸ジンバル機能を搭載した自撮り棒「PIRO S2」を展示していました。

日本の販売代理店が決まっていないため、日本での発売は未定だそうです。


PIRO MINI

PIRO MINI

PIRO MINIは、筐体がプラスチック製で、バッテリーを内蔵しており、本体重量は450gしかなく、持った瞬間その軽さに驚きます。

Bluetooth接続で、iPhoneアプリ「AreoX Play」を使用してコントロールします。

価格は150ドルとのことでした。


PIRO S2

PIRO S2

PIRO S2は、自撮り棒の先に接続して使用する1軸ジンバルで、自撮り棒を含めた重さは117gだそうです。

Bluetooth接続で、iPhoneアプリ「AreoX Play」を使用してコントロールします。


PIRO S2

PIRO S2

1軸ジンバル部分だけを単独使用することも可能だそうです。

価格は50ドルとのことでした。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事