etc / レポート

スフィロ、走りにこだわったアプリ制御ロボット「Sphero Ollie」製品説明会を開催

Sphero Ollie

Sphero Ollie

スフィロが、アプリ制御ロボット「Sphero Ollie」を11月11日から発売すると発表し、製品説明会を開催しました。

本体は「ドリフトホイール」と呼び、ヌビータイヤ、ハブキャップ、micro USBケーブル、クイックスタートガイドなどが同梱されています。


すでにApple Storeでは販売開始されている「Sphero Orbotix Ollie」に対して、今回発売されるモデルは、付属するタイヤのデザインとカラーが異なります。


Sphero 2.0を利用するユーザーから、走りに特化したSpheroを開発して欲しいという要望があり「Ollie」が誕生しそうです。

Ollieは、最高時速23km/hで層走行し、トップスピードでも切れ味のよい操縦性を実現しているそうです。


コントロールし易いように、iPhone/iPadアプリ「Ollie App」も開発したそうで、縦表示の場合と、横表示にした場合とで、操作出来る内容が異なる仕様となっています。


Spheroユーザーの1.2人がなんらかのアクセサリーを購入しているそうで、Ollie用の専用タイヤや、ハブキャップなどのアクセサリーを、11月下旬以降に発売する予定だそうです。


Ollie Appを起動し、OllieにiPhone/iPadを近づけるだけで、Bluetooth LE接続によるペアリングか確率します。

なお、アプリを閉じると、Ollieも電源がオフになります。


タイヤを外して利用することも可能です。

なお、USBケーブル接続による充電仕様となり、満充電は約3時間で、バッテリーで約1時間駆動可能だそうです。

なお、Sphero 2.0とは異なり、防水仕様ではないそうです。


関連エントリー:Apple Store、Spheroの円筒型ロボット「Sphero Orbotix Ollie」を販売開始




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事