etc / レポート

CP+2014:アンビバレント、iPhone 4SをHasselbladのVシステム用デジタルバックとして使用するモジュール「HASSELNUTS」を展示

HASSELNUTS

HASSELNUTS

CP+2014において、アンビバレントが、iPhone 4SをHasselbladのVシステム用バックパックとして使用するモジュール「HASSELNUTS」の展示を行っていました。

クラウドファンディングのCAMPFIREで資金を募り、製品化する事が可能になった事で展示しているそうです。

星埜純氏は、名古屋でウェブデザイナーをされている方で、設計は、愛知県あま市にあるモールデックが行っているそうです。


iPhoneデジタルバックモジュールは、Hasselbladオリジナルのフィルムバックに比べ約1.5倍の大きさがありますが、中に3枚のレンズが入っているだけなので、非常に軽く作られています。


HASSELNUTS App

HASSELNUTS App

HASSELNUTS iPhoneアプリを使用し、カメラ本体側シャッターをチャージして狙いを定め、シャッターを押すだけで、V-systemでフィルムバックを使用していたのと同等の操作感でデジタルカメラとして使用することが出来ます。


マウント部分は、iPhone 4S専用に設計されていますが、ガイドにスペーサーを入れる事で、iPhone 5s/5でも使用することが出来るそうです。

ただ、スペーサーを入れる事で、光がレンズの中心を軸として撮影出来る保証はあるのか?と質問したところ、難しいかもしれないとの事でした。

実際は、iPhone 5s/5用マウントも製造したいそうですが、資金的な問題で難しいのだそうです。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事