etc / レポート

リテールテックJAPAN2013:三菱UFJニコス、クラウド型マルチ決済システム「Poke Pos for J-Mups」を展示

Poke Pos for J-Mups

Poke Pos for J-Mups

リテールテックJAPAN2013において、三菱UFJニコスが、クレメンテックと共同開発したクラウド型マルチ決済システム「Poke Pos for J-Mups」を展示していました。

クレジットカードと鉄道系ICカード、銀聯カードの決済をクラウドサービスで一括して行う J-Mups の対応端末として、ingenico社の「iSMP」アダプタ と、iSMP を路用する クレメンテック社の Poke POS アプリが対応した事を発表していました。

三菱UFJニコスの加盟店は、Dockコネクタを持つ iPod touch か iPhone を iSMP に差し込むだけで装着は完了。

その後に決済専用アプリをダウンロードすれば、自動的に J-Mups に接続されて決済が行われるようになります。

決済に利用できるのは現在のところクレジットカードと銀聯カードのみ。

クレジットカードは磁気ストライプ以外にも、ICカード埋め込みタイプであればICカードでの決済も可能です。

なお、Suicaなどの鉄道系ICカードでの決済については、2013年夏ごろのアップデートにて対応する予定との事でした。


iSMP を用いた決済を行うことの最大の利点は高いセキュリティ性。クレジットカード情報取り扱いに関するガイドライン「PCI DSS」(Payment Card Industry Data Security Standard) 準拠ですので、与信枠一杯まで決済が可能です。

もちろん、iOSデバイスを用いることによる可搬性も魅力です。

欧米においては店員によるカードスキミング犯罪が多いために、カード決済をする際にカード本体を所有者以外が預かる事が禁止される方向で話が進んでいます。

これが法律などで決まった際には、お客様を決済カウンターまで御案内するか、店員がお客様の側で決済をする必要が出てきます。

iSMP であればお客様の側で決済を出来ますので、店舗の都合でお客様をお待たせする必要が無くなります。

また、iSMP を支えているのは iOS端末ですので、在庫管理などの店舗で稼働している各種サービスをアプリとして準備する事によって1端末で複数の業務を出来るようになります。

これによって専用機と比較して、機器導入のメリットが増加する事となります。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事