etc / デジカメ

CP+2016:シグマ「SIGMA sd Quattro」 は、2016年夏前頃に発売する予定

CP+2016において、シグマの山木和人氏が「新製品について」と題した講演を行い、その中で約2,900万画素APS-Cサイズ相当イメージセンサーを搭載した「SIGMA sd Quattro」は2016年夏前には発売したいと考えていると話していました。

また、約4,480万画素APS-Hサイズ相当イメージセンサーを搭載した「SIGMA sd Quattro H」に関しては、かなり時間が掛かるとし、2016年内に発売出来ればと話していました。


なお、現在開発中のSIGMA sd Quattro用Foveon X3センサーには、像面位相差AFセンサーを追加している関係上、開発中段階であり、どれぐらいのコストになるのかもはっきりしておらず、ゆえに価格が未定となっていると説明していました。


関連エントリー:CP+2016:シグマ、フォビオンセンサー搭載ミラーレスデジタルカメラ「SIGMA sd Quattro」 を展示



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事