etc / デジカメ

OS Xからファイル共有マウント可能なWi-Fi SDHCカード「FlashAir SDHCメモリカード」(SD-WEシリーズ)を試す

FlashAir SDHCメモリカード

FlashAir SDHCメモリカード

東芝のWi-Fi接続に対応し、WebDAVアクセスにも対応したSDHCカード「FlashAir SDHCメモリカード」(SD-WEシリーズ)を試してみました。

今回は32GBモデルのSD-WE032Gを使用しています。

IEEE802.11b/g/n(2.4GHz SISO, 20MHz)仕様で、インターネットアクセスポイトに接続して、簡易無線LANルーターとして使用することも可能です。


FlashAir SDHCメモリカード ケース

FlashAir SDHCメモリカード ケース

FlashAir SDHCメモリカードに付属するクリアケースが少し変わっていて、一般的な SDHCメモリカードケースは、パチンとはめる方式だと思うのですが、これは引き出し式仕様になっています。

ケース自体が少し厚く、上からの対加重も配慮されてる感じです。


Wi-Fi対応のCOOLPIX P340DSC-RX100M3を使用してるのですが、Wi-Fi転送がiPhoneにしか出来なかったり、Mac転送する場合にスタンバイモードに変わってしまい、常に撮影モード状態で、写真データーを取り出したいと思っていたので、購入することにしました。

また、他社のWi-Fiカードだと、撮影した写真が絶えず送信されるため、撮影した写真をプレビュー確認した後に、選択取り込みしたいとも思っていました。


FlashAir 設定ソフトウェア

FlashAir 設定ソフトウェア

FlashAir 設定ソフトウェアを使用して、ネットワーク設定を行ないます。

SSID名、パスワードを設定します。

ポケット無線ルーターなどを登録することで、FlashAir アクセスポイント経由で、ポケット無線ルーターに接続し、インターネット接続も可能です。

ただし、写真転送に時間がかかるようになります。


FlashAir SDHCカードをデジタルカメラに入れ、デジタルカメラ本体の電源を入れます。

MacのWi-Fi接続先として、FlashAir SDHCカードに設定したSSIDアクセスポイントに接続します。


FlashAirドライブ設定で、簡単にファイル共有マウントも行なえます。

これで、アクセスポイントを切り替えることで、撮影モード状態のSDHCカードにアクセスすることが出来るようになります。

リアルタイムレポート更新などを行なう場面で、デジタルカメラの撮影モードを維持した状態で、写真データーを選択しながら取り込みが出来ます。


また、FlashAirドライブ設定アプリをインストールしていないMacの場合、システム環境設定>ネットワーク>Wi-Fi>詳細>TCP/IPでルーターアドレスを確認し、Finderの移動>サーバーで接続で「http://確認したIPアドレス」入力でもファイル共有マウント出来ます。


FlashAir App

FlashAir App

iPhone/iPadアプリ「FlashAir」を利用して、iPhone、iPadへも写真選択による写真転送が行なえます。

Wi-Fi機能が無いデジタルカメラでも、Wi-Fi接続転送が出来るだけでなく、撮影モード状態で写真転送が行なえるのは、結構便利だと思います。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事