etc / デジカメ

リコー、全天球イメージを撮影可能なWi-Fi対応デバイス「RICOH THETA」を発表

RICOH THETA

RICOH THETA

リコーが、IFA2013において、撮影者を取り囲む全天球イメージを撮影可能なコンシューマー向けデバイス「RICOH THETA」を発表しています。

内蔵メモリーは約4GBで、約1200枚の全天球イメージを記録することが出来ます。

iPhoneアプリ「RICOH THETA」を使用して、リモートキャプチャーしたり、撮影した全天球イメージを閲覧することが出来ます。

Mac用のRICOH THETA for Macを使用することで、RICOH THETAに保存されている高解像度全天球イメージを、付属のUSBケーブルを使って保存し、閲覧することができます。

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツで10月から399ドルで販売開始するそうで、日本での販売は現在検討中だそうです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事