etc / デジカメ

ソニーの裏面照射型1.0型CMOSセンサー、Wi-Fi&NFC機能搭載デジタルカメラ「Cyber-shot DSC-RX100M2」をチェック

Cyber-shot DSC-RX100M2

Cyber-shot DSC-RX100M2

ソニーが、7月5日から発売開始するコンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot DSC-RX100M2」をチェックしてきました。

Cyber-shot DSC-RX100の1.0型CMOSセンサーから、1.0型裏面照射型CMOSセンサーに変わり、マルチインターフェースシュー/マルチ端子、可動式チルト液晶モニター、Wi-Fi/NFC機能などが追加されています。


軍艦部分は、デジタル一眼カメラ“α”に採用されている「マルチインターフェースシュー」が搭載され、光量の大きな外部フラッシュや、電子ビューファインダー、クリップオンLCDモニターなどを装着することが出来るようになっています。


液晶モニターが固定式だったDSC-RX100に対し、上方向に約84度、下方向に約45度まで変えられる3型122.9万ドット液晶モニターに変更されています。

中央部分で、上向きの並行位置で利用することも出来ます。

背面グリップ横にある動画撮影ボタンに触ってしまう問題は、グリップに少し高さを付ける事で、若干改善されてはいます。


RXシリーズとしてWI-FI機能を搭載しただけでなく、NFCが初搭載されています。

Wi-Fi設定をメニューから呼び出すのが大変ですが、NFC対応スマートフォンであれば簡単に接続することが出来ます。

iPhone/iPadアプリ「PlayMemories Mobile」と連携してスマートフォン転送も利用出来ます。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事