etc / デジカメ

ニコンイメージングジャパン、FXフォーマット採用で最小・最軽量、有効画素数約2400万画素のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D600」を発表

ニコンイメージングジャパンが、ニコンFXフォーマット採用で最小・最軽量、有効画素数約2400万画素のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D600」を9月27日から発売すると発表しています。

約760gの重さのボディーを実現しながら、上位機種に迫るほどの高画質と描写性能、操作性能、耐久性を凝縮させたモデルだそうです。

有効画素数約2400万画素の新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサーと、上位機種と同じ画像処理エンジン「EXPEED 3」、視野率約100%※2の光学ファインダー、大画面で視認性に優れた広視野角3.2型液晶モニターを搭載していて、さらに、「D800/D800E」と同等の防塵、防滴性能を実現し、上位機種から多くの高度な機能や性能を継承しながら、小型軽量化と高いコストパフォーマンスを実現しているそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事