etc / デジカメ

キヤノンのタップフォーカスなど多彩なタッチセンサー式液晶やステレオマイクを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」をチェック

EOS Kiss X6i

EOS Kiss X6i

キヤノンが6月下旬から発売する、静止画・動画共にAF性能を大幅に進化させた、エントリーユーザー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」の先行展示を開始していたので試してみました。

新開発のAPS-Cサイズ、約1,800万画素のCMOSセンサーと、DIGIC 4の約6倍の処理速度を持つ新映像エンジンDIGIC 5の搭載により、最高約5コマ/秒の高速連写と高画質の両立を実現しています。さらに、常用ISO感度が最高ISO12800(拡張ISO25600)まで拡大したことで、暗いシーンや動体撮影時においてノイズや手ブレ・被写体ブレを抑えた画像を得ることができます。


モードダイヤルに、電源オン/オフに加えて動画モード切り替えが追加されています。

多彩な動画撮影モードが追加されているため、写真撮影時と動画撮影時を明確に切り替える必要があるんだと思います。

内蔵ストロボトップにEOS初の内蔵ステレオマイクが搭載されています。ステレオマイクが搭載された事で、大きな音が入力された時の音割れを緩和するアッテネーター機能も新しく追加されています。

また、動画撮影中に動く被写体に自動でピントを合わせ続ける「動画サーボAF」機能がEOSシリーズ初搭載されています。


ファインダー撮影時に、全9点でクロス測距が可能なAFセンサーをEOS Kissシリーズとして初めて搭載され、また、位相差AF用の画素をCMOSセンサーに組込んだ「ハイブリッドCMOS AF」の採用により、ライビュー撮影のピント合わせが高速化されています。


EOS DIGITAL初となる静電方式タッチパネル液晶が採用され、ピントを合わせたい場所をタップすると、AFフレームが移動し、素早くオートフォーカスされる「ライブ1点AF」や、ワンタッチでAFと撮影を行う「タッチシャッター」機能などが搭載されています。

また、再生時には、画面フリックによるプレビュー切り替えや、2本指での拡大縮小といったマルチタッチ操作にも対応しています。





関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事