etc / デジカメ

キヤノン、画質と撮影性能が向上したデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark III」を発表

EOS 5D Mark III

EOS 5D Mark III

キヤノンが、静止画・動画ともに本格的な作品作りに適した、卓越した描写力を誇るハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark III」を3月下旬から発売すると発表しています。

新開発のAFシステムに、最上位機種「EOS-1D X」と同一の、総測距点数61点の新AFセンサー「61点高密度レティクルAF」が搭載され、従来の4chから8chに読み出し速度が向上した新開発のCMOSセンサーと、DIGIC 5+の高速画像処理により、約2,230万画素の高画素数を保持しながら、最高約6コマ/秒の高速連写を可能にしているそうです。

新開発の35mmフルサイズ、約2,230万画素のCMOSセンサーと、DIGIC 4の約17倍の処理能力を持つ映像エンジンDIGIC 5+の搭載により、高精細で広ダイナミックレンジな画質を実現し、常用ISO感度が最高ISO25600まで拡大したことにより、手持ちでの夜景撮影や、暗いシーンでのポートレート撮影時でも、ノイズを抑えた美しい撮影を可能にします。

また、動画撮影時には、従来機種から偽色やモアレの発生を大幅に抑えた、より低ノイズで高画質な映像が得られるそうです。

サブ電子ダイヤル内側に触れるだけで、操作音を記録せずにクイック設定ができる「動画サイレント設定機能」や、撮影中に録音レベル調整表示が可能になっているなど、EOSムービー向けの機能強化も行われています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事