etc / Apple Apps

Apple、新機能を追加したiOS/iPadOS用アプリ「Keynote 12.2」「Number12.2」「Pages12.2」を配布開始

Appleが、iPhone/iPadアプリ「Keynote12.2」「Numbers12.2」「Pages 12.2」をApp Storeにて配布を開始しています。

システム環境は、iOS 15 以降、iPad OS 15以降となっています。


iWorks for iOS 12.2 共通の新機能

・アクティビティ表示が新しくなり、誰かが参加、コメント、編集したときなどに共同制作書類の最近の変更が表示されます
・ほかのユーザが共有書類に参加したり、共有書類を編集したりしたときに通知を受け取れます
・新しいオプションにより、イメージの背景を自動的に削除して被写体を分離できます(iOS 16またはiPadOS 16が必要です)
・“メッセージ”で書類を共有して、素早くチームでの共同制作を開始したり、アップデートを直接“メッセージ”のチャットで確認したりできます(iOS 16またはiPadOS 16が必要です)
・共同制作書類から直接メッセージを送信したり、FaceTime通話を開始したりできます(iOS 16またはiPadOS 16が必要です)
・iPadOS 16が搭載されたiPadでは、さらに生産性を向上できます
- カスタマイズ可能なツールバーを使用して、素早くオブジェクトを挿入したり、よく使うツールにアクセスしたりできます
- 新しい書類メニューには、プリントや名称変更などの一般的なアクションがあります
- 対応しているiPadのモデルでステージマネージャを使用することにより、複数の書類にまたがった作業がしやすくなります
・追加されたカラー、線、数値の書式のコントロールで、グラフのスタイルを設定できます


Pages バージョン 12.2 の新機能

・新しい“空白のレイアウト”テンプレートでは、テキストやグラフィックスを自由に調整できる書類を簡単に開始できます


Numbers バージョン 12.2 の新機能

・BITAND、BITOR、BITXOR、BITLSHIFT、BITRSHIFT、ISOWEEKNUM、CONCAT、TEXTJOIN、SWITCHなどの新しい関数で、値を比較したり、テキストを結合したりできます
・同じ列のほかのセルの内容に基づいて自動入力候補が表示されます


Keynote バージョン 12.2 の新機能

・ライブビデオの背景を削除したり置き換えたりして、ドラマチックな効果を追加できます
・プリントやPDFの書き出しのオプションが追加されました


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事