etc / Claris

Apple、Clarisのプロレベルのコーディングができる低コード設計ツール「Claris FileMaker Pro 19」製品情報を公開

Claris FileMaker Pro 19

Claris FileMaker Pro 19

Appleが、Clarisのプロレベルのコーディングができる低コード設計ツール「Claris FileMaker Pro 19」製品情報を公開しています。

スタンダード版は57,600円、アップグレード版は22,800円、アカデミック版は34,560円となります。

macOS Mojave 10.14以降、Windows 8.1(StandardおよびProの64ビット)以降に対応しています。


Claris FileMaker Pro 19

Claris FileMaker Pro 19

WebビューアでJavaScriptの双方向やり取りに対応し、FileMaker Proから直接FileMaker Cloudにアプリを作成することや、DATA APIのスクリプトステップを実行したりできます。

Core ML、ダークモードに対応し、ドラッグ&ドロップインストーラー、Quick Openなどの機能も実装されています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事