etc / AppleMusic

Appleがメインスポンサーになった、2023年2月に開催する「第57回スーパーボウル」ハーフタイム ショーの主役はリアーナに決定

Apple Music Super Bowl Halftime Show

Apple Music Super Bowl Halftime Show

NFLが、今回からペプシコからAppleにメインスポンサーが変わる、2023年2月12日にアリゾナ州アリゾナ州グレンデールで開催される2022年シーズンのNFLのチャンピオンを決める試合「第57回スーパーボウル」において行われるハーフタイム ショー「Apple Music Super Bowl Halftime Show」の主役はリアーナに決定したと発表しています。

DPSが制作し、ロック・ネイションおよびジェシー・コリンズがエグゼクティブプロデューサーを、ハミッシュ・ハミルトンがディレクターを務めます。

ロック・ネイションはライブパフォーマンスの戦略的エンターテインメントアドバイザーも兼任するそうです。

AppleのApple Music&インターナショナル担当ヴァイスプレジデントOliver Schusser氏は「リアーナは世界中の何百万人ものアップルミュージックのお客様に愛されている素晴らしいレコーディングアーティストだ。リアーナ、ロック・ネイション、NFLと連携し、音楽とスポーツのファンに、思い出に残るショーを届けられることにワクワクしている。第1回アップルミュージック・スーパーボウル・ハーフタイムショーにふさわしい素晴らしいアーティストだ」とコメントしています。

今後数カ月間、ファンは、TikTok、Instagram、Twitterで@AppleMusicをフォローすることで「Apple Music Super Bowl Halftime Show」に向けた独占情報や予告を見られる予定だそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事