iOS

Apple、今年後半のiOS 16アップデートで、アメリカ向けに電力網の制約に配慮した充電機能を提供

Clean Energy Charging

Clean Energy Charging

Appleが、今年後半のiOS 16アップデートで、アメリカでクリーン・エネルギー充電の最適化機能を提供すると発表しています。

電力網がよりクリーンなエネルギー源を使用しているときに充電時間を最適化し、iPhoneの二酸化炭素排出量を削減することを目的としています。と説明しています。

それ以上の詳しい詳細は説明がされていませんが、電力網の制約が少なくなり、よりクリーンなエネルギー容量が利用できるようになるまで、iPhoneの充電をオフロードしようとする機能のようです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事