iOS

Apple、米国でiOS 12がインストールされたiPhoneから911発信すると現在地情報が自動共有されると発表

Appleが、アメリカで、iOS 12がインストールされたiPhoneから「911」に電話すると、現在地情報を911と共有可能になると発表しています。

Appleは、2015年に携帯基地局、GPS、Wi-Fiアクセスポイントを使用して、911発信者の現在地を測定する「HELO」(Hybridized Emergency Location)を導入しているそうで、iOS 12からは、この機能に加え、位置情報が緊急当局に送信される「RapidSOS」のIPベースのデータパイプラインを併用し、安全に素早くHELO位置情報を911センターと共有できるようになるそうです。

このRapidSOSの技術は、iPhoneアプリ「RapidSOS Beacon」としても提供されていて、Googleも2018年中に導入するべく2018年2月に実証実験を行っています。


関連エントリー:iOS 11:緊急 SOS 機能


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事