iOS

iOS 8:iOS 8.1がインストールされたTouch ID搭載デバイスで「PassbookとApple Pay」を利用する(アメリカのみ)

Apple Pay

Apple Pay

iOS 8.1がインストールされたTouch ID搭載デバイスで「Apple Pay」が利用出来ます。

Apple Payは、アメリカのみで利用出来るサービスですが、アメリカで取得したApple Payが利用出来るクレジットカード、またはデビットカードを持っていれば、日本語表示のままアメリカで利用出来ます。


「PassbookとApple Pay」を表示させるには、設定>一般>言語と地域にある「書式」の地域で「アメリカ合衆国」を選択し、完了を押します。


すると、iTunes & App Storeの下に「PassbookとApple Pay」が表示されます。


PassbookとApple Payをタップし「クレジットカード/デビットカードを追加」をタップします。

請求書先住所、届け先住所、メール、電話番号などを入力し、デフォルトの取引設定も行ないます。


名前の欄には、Tunes アカウントで使用している姓名が自動入力されます。

カード番号は、iSightカメラで読み取って自動入力することも出来ます。

セキュリティー番号は手動入力で行ないます。


暗号化されたデータが、iTunes アカウントの利用状況とデバイスに関するその他の情報 (使用デバイス名、デバイスの現在地、または iTunes での取引履歴が長いかどうかなど) と併せて銀行に送信され、この情報を基に、銀行がカードの Apple Pay への追加を承認するかどうかを判断します。

カード承認は、Apple Pay決済可能なカードでも、アメリカ国内に居ないと承認されないようです。


承認されたクレジットカードまたはデビッドカードは、Passbookにカード情報として追加されます。

これは、どのカードを登録しているかを確認するためのアイコンカードで、実際のカード番号などは表示されません。

非接触型決済が可能なストアで Apple Pay で支払う場合、デフォルトのクレジットカードまたはデビットカードが提示され、NFC決済機にデバイスをかざし、Touch IDまたはパスコード認証することで決済が行なわれます。


Apple PayでTouch IDを使用せず、パスコードのみの認証にするには、設定>Touch IDとパスコード>TOUCH IDを使用:にある「Apple Pay」をオフにします。


iPad Air 2、iPad mini 3でもApple Payは利用出来ますが、NFCが搭載されていないため、ストアで Apple Pay を使って支払うことは出来ず、App 内で Apple Pay 決済をする場合のみ利用可能となっています。


サポート情報:Apple Pay のセキュリティおよびプライバシーの概要


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事