iPad App Store

iPhoneのSafariで、Lソース表示を可能にする機能拡張アプリ「View Source」を試す

View Source

View Source

Paul Hudsonが、iPhone/iPod touch/iPad用ソース表示機能拡張アプリ「View Source」を、App Storeにて販売を開始していたので試してみました。

Safari Mobileで、HTML,、JavaScript、CSSなどのソースを表示を可能にする機能拡張アプリです。


画面下中央の共有ボタンをタップし、下側をスワイプして「その他」からアクティビティ設定を呼び出し「View Source」をオンにします。

元に戻ると許可したアプリのアイコンが表示されます。


サイトを表示している状態で、共有ボタンをタップし、下側をスワイプして「View Source」ボタンをタップします。

構文ハイライタで定義されたカラーを使用したソース表示がされます。

トグルハイライト、トグルラインラップ、テーマ選択などが行なえます。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事