Apple Store

NBC News:米国Apple Southlake Town Squareで、従業員の新型コロナウィルス感染が確認され一時休業

Apple Southlake Town Square

Apple Southlake Town Square

NBC Newsが、アメリカのテキサス州サウスレイクにある「Apple Southlake Town Square」で、従業員の新型コロナウィルスの集団感染が発生し、12月10日〜12月12日の期間で休業することになったと伝えています。

NBCが入手した社内メールによると、151人の従業員を抱えるこのApple Storeは、11月26日のブラックフライデー直後に4人の陽性者が確認されたそうです。

12月8日に行われた同店の店長によるWebexビデオ会議で、22人の従業員が新型コロナウィルスで陽性だと連絡を受けたと語ったそうです。

同店のマネージャーは「彼らは陽性の診断を受け、10日間の隔離と48時間の無症状期間を経て職場に復帰する予定です」と説明し、12月13日の営業再開に先立ち、全従業員は日曜日に新型コロナウイルス迅速抗原検査を受けることになっていると説明したそうです。

Appleの広報担当者はNBCに対し「パンデミックの初期段階から顧客と従業員の健康と幸福を優先してきたと述べていて「このような継続的な課題に直面し続ける中で、当社は、毎日の健康チェックによる定期的な検査、従業員のマスク着用、ディープクリーニング、有給休暇を組み合わせたチームのための包括的なアプローチに引き続き取り組んでいます。」とコメントしたそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事