Apple

Apple、App Storeの原則と実践について紹介した「私たちの原則と手法」を公開

Principles and Practices

Principles and Practices

Appleが、皆のための最高の店であり、体験に捧げられてきたApp Storeについて紹介する「私たちの原則と手法」を公開しています。

App Storeは、ユーザーがアプリを見つけてダウンロードするために安全で信頼できる場所であることと、すべての開発者にとって大きなビジネスチャンスであることの2つを目標に作られたのがApp Storeだと説明しています。

Appleは、App Storeで表現されているすべての観点を強く支持する立場であるが、また、アプリが意見の異なるユーザーに敬意を払うようにし、特に子供が危険にさらされ限界を超えていると思われるコンテンツやアクションに対してアプリを拒否しているそうです。

たとえば、ポルノ関連の資料、差別的な参考文献、拷問や虐待、またはその他非常に悪い趣味のものを特徴とするアプリは固く禁じられています。

AmazonのKindle、Netflix、Spotifyといった書籍、音楽、ビデオアプリなどのような場合、開発者は、ユーザーを自分のアプリに誘導することによって生み出されるすべての収益を受け取ります。

Appleは、これらのアプリのサポート、ホスティング、および頒布から手数料を徴収することはなく、Appleデバイス上のアプリで直接行われた購入に対してのみコミッションを獲得し、他のプラットフォームで行われた後にアプリ内で使用された購入品から手数料を受け取ることはないと説明しています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事