Apple

Apple、教育機会の拡大ならびに地球資源の保護に関する取り組みの詳細「サプライヤー責任進捗報告書 2019」を公開

Appleが、サプライヤー責任において「サプライヤー責任進捗報告書 2019」を公開したと発表しています。

2018年時点で、サプライヤーの従業員1730万人が就業に関する権利について学び、360万人が高度な教育と技能の研修を受けていると説明しています。


ロン分の水資源の保全、温室効果ガス排出量の削減に貢献しているそうです。

Appleはサプライヤーの従業員に向けた既存の教育とキャリア形成プログラムに、Swiftを使ったアプリケーション開発を含む学習コースを追加し、このプログラムの最初の参加者たちは、業務ツールからゲームまで、40本以上のアプリケーションを開発したそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事