アクセサリ

iPhone 4用アクセサリー「Apple iPhone 4 Bumper」を試す

Apple iPhone 4 Bumper

Apple iPhone 4 Bumper

Appleが、iPhone 4と同時に発売開始した「Apple iPhone 4 Bumper」を試してみました。

ケースは、Apple iPhone 4 Bumperを収納している部分が透明プラスチック製で、裏側に紙製の化粧版が装着されています。


Apple iPhone 4 Bumper本体は、中央部分のガイドが成型プラスチック製で、その上下にゴム製の枠が付けられています。

細部を良く見てみると、ゴム製の枠があり、その外側と内側にプラスチック成形によるガイドが貼り合わされた設計になっています。

非常に薄いのですが、きれいに貼り合わされています。

サウンドオン/オフボタンを露出する部分は段が付けられていて、外側の穴が広くなっています。

これはボタン自体の高さが低く、バンパーの高さに対して低いため、下側の穴のサイズのまま上まで持ってきてしまうと、ボタンが押しずらくなるため、それらに配慮したデザインがされています。

また、プラス(音量増)マイナス(音量減)という視覚表記が追加されたボタンに変更されたiPhone 4のボタンと同様のギミックボタンが付けられています。


これはゴム製の枠に穴が空いていて、そこにボタンが付けられたプラスチックパーツをはめ込み、それを外側と内側のプラスチック成形枠で挟み込むことで、わずかですが動く仕組みになっています。

このプラスチック板をiPhone 4のボタンが当たる事で外側に押し出される仕組みになっています。

もの凄く手が込んだ設計になっていて、ただボディ枠を保護するためでなく、ボタンのクリック感が損なわれないよう設計されているようです。

そこまでするか!というレベルで感心してしまいました。


実際にiPhone 4にApple iPhone 4 Bumperを装着してみました。

装着すると、iPhone 4の金属面はほぼ覆われてしまいますが、ボタン類は、あたもバンパーから露出しているような感じになり、違和感が感じられません。

Apple iPhone 4 Bumperの底面には、Apple DockコネクタUSBケーブルを接続するための穴が空いていて、この穴にもDockコネクターの大きさに合わせた段が付けられています。


この穴が、旧タイプのApple iPod Dockコネクタ(Dockコネクタ部分の幅が広いタイプ)の場合、Dockコネクタの高さが合わず装着することが出来ませんでした。


iPhone 3GSにもApple iPhone 4 Bumperを装着してみました。

一応はめることは出来ますが、サイズバランスが合わないため、サウンドオン/オフボタンや、音量調整ボタンなどは動作しませんでした。

iPhone 3GSをiPhone 4風に偽装することは難しいようです。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事