アクセサリ

アンカー・ジャパン、高画質4-in-1ビデオバー「AnkerWork B600 Video Bar」を販売開始

AnkerWork B600 Video Bar

AnkerWork B600 Video Bar

アンカー・ジャパンが、AnkerWorkブランドの第一弾製品として、高画質4-in-1ビデオバー「AnkerWork B600 Video Bar」を販売開始しています。

1/2.7型有効500万画素CMOSセンサーを搭載したウェブカメラ、LEDライト、マイク、スピーカーの 4 つの機能を1つにまとめた 4-in-1 ビデオバーです。

データ転送用USB-Cポート、電源用USB-Cポート、アクセサリー用USB-Aポートを搭載しています。

USBバスパワー駆動式ではなく、付属する10W(5V/2A)電源アダプタによる電源供給が必要になります。


AnkerWork B600 Video Bar

AnkerWork B600 Video Bar

AnkerWorkのウェブカメラで初めてLEDライトを搭載し、表情などを細部まで明瞭に照らすことができる上に、2K の高解像度での撮影が可能です。

話し声やチャイム等の環境雑音を自動で調節する「ノイズリダクション機能」や音声の
入力ボリュームを自動で調整する「オートゲインコントロール機能」を搭載しています。

また、4 つの高感度マイクにより、ストレスのない通話を実現し、加えて、2W の高精細スピーカーを左右側面に搭載し、相手の話し声を聞き取りやすいクリアな音声で再生します。

本体前面のタッチバーをスライドしてライトの明るさを調整することができ、会議中
にも素早く直感的に操作ができます。


AnkerWorkソフトウェア

AnkerWorkソフトウェア

AnkerWorkソフトウェアを使用することで、最大 95° までのカメラの画角調整が可能になるほか、画像の明るさやコントラストの調整、マイクの指向性なども自分好みに細かくカスタマイズすることができます。


AnkerWorkソフトウェア

AnkerWorkソフトウェア

AnkerWorkソフトウェアで、エッジライトの明るさ調整、色温度調整が行えます。

自動調光をオンにすることで、人の顔の明るさを認識し、 光の強さを自動で調整することができます。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事