アクセサリ

サン電子、カーリモコン付き高音質FMトランスミッター「FMIP-308」を試す

FMIP-308

FMIP-308

サン電子が、iPod nano (4th generation)、iPod touch (2nd generation)などの現行機種に対応したFMトランスミッター「FMIP-308」を販売していたので試してみました。

今回、新しく付属するリモコンは、ワンクリックで再生/停止、ダブルクリックで曲送り、トリプルクリックで曲戻しのアクション操作を行なう事ができます。

運転中は、手元を見るのは危険なので、クリック操作だけで感覚的に操作出来るのは結構便利のような気がします。


本体は、シガープラグアダプタ、FMトランスミッター、Dockコネクタが一体で、シガープラグアダプタ部分に接続するリモコンが付属しています。

説明書によると、FMトランスミッターから、Dockコネクタまでのケーブルが、送信アンテナも兼用してるようです。

トヨタのエスティマには、純正ナビ「G-BOOK ALPHA」が装着されていて、40GBHDにCDからの楽曲を入れることができ、Gracenoteから曲名を自動ふりする事もできます。ただ、スクロール画面が遅く、ライブラリ管理もかなり不便過ぎます。

FMトランスミッターは、デジタルをアナログ周波数に乗せて聞く仕様のため、音質が落ちるという欠点があり、色々試しては見たものの、結局使わなくなってました。

このFMIP-308は、高音質のFMトランスミッターICと、デジタルチューニング回路によって音質が向上してると説明がされていたので、思い切って再チャレンジしてみました。


エスティマのシガープラグソケットに装着し、リモコンをエアコンコントロールボタンとATシフトレバーの間に両面テープで貼り付けました。

この配線が車内に露出するのがあまり好きではないのですが、送信アンテナが肝のような気がしたので、今回は露出した状態で試しました。

シルバーの本体のボタンを押す事で、77.0/77.4/77.8/88.2/88.6/89.0MHzの周波数帯に合わす事ができ、カーオーディオで聞いたところ、G-BOOK ALPHA内のMP3楽曲と比較して、若干こもった音にはなるようです。

ただ、昔のFMトランスミッターと比べると、良くなっているかもという印象は受けました。

また、エンジンの始動・停止に連動してiPodの電源を自動的にON⇒再生/再生停止⇒電源OFFを行う「オートオペレーション機能」を搭載しています。

この機能は、他のメーカーも搭載した製品がいくつかありますが、この機能はサン電子が国際特許を取得済なので、本当は、サン電子のFMトランスミッターしか装備していないはずの機能だったりします。


以前、iPod用のリモコンとして、プジョー307CCで、同じくサン電子の「Carリモコン for iPod」を使用していた時期があるのですが、iPodとダイレクト接続に対応した、イクリプスの「AVN667HD」にナビを載せかえしたので外しました。

このFMトランスミッターは、Made for iPodのロゴ認証を取得していますが、Works with iPhoneのロゴは取得していません。

でも、使えるかどうか試してみることにしました。

FMIP-308をiPhone 3Gに接続すると、このアクセサリはiPhoneでは動作しません。とアラートが表示されます。


ここで「いいえ」を選択し、iPhone 3GのiPodから曲を再生してみたところちゃんと音が鳴りました。

また、充電も行なう事ができます。

どうして、ロゴを取得していないのかは不明ですが、アラートが表示されるが、使える事は確認できました。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事