アクセサリ

バッファローのLightningコネクター搭載、iPhone/iPod/iPad対応FMトランスミッター「BSFMIP03」を試す

BSFMIP03

BSFMIP03

バッファローが発売を開始した、Lightningコネクター搭載FMトランスミッター「BSFMIP03」を試してみました。

iPhone 5シリーズ、iPod touch (5th generation)、iPod nano (7th generation)、などのLightningコネクタに対応した応FMトランスミッターです。

ロジテックの「LAT-FMIB03」とは異なり、2.4A出力対応のため、iPad (4th generation)、iPad miniにも対応しています。


本体は、シガーソケット一体型で、長めのLightningケーブルが一体化されています。

本体のボタンを押す事で、87.7/ 88.3/88.9/89.5MHz(全4ch)の周波数切り替えが可能です。

iPhone/iPod/iPadの充電も行う事が出来ます。

Lightningコネクタ部分が大きめなので、ケースによっては装着出来ないかもしれません。


デジタル出力をアナログ変換しているので音質は良いのですが、車のアンテナ位置によって受信感度は変わり、ノイズが乗ってしまうのは、FMトランスミッターの宿命と割り切るしかありません。

エンジンスタートに合わせてiPhone/iPodをON、エンジンストップに合わせてiPhone/iPodをOFFにするエンジン連動機能が搭載されています。


ライバルとなる「LAT-FMIB03」と比べて、ベース音量の出力量がかなり大きく、カーオディオ側の音量調節がしやすいのはBSFMIP03の方だと思います。

LAT-FMIB03でベースブーストをかけても、BSFMIP03の方の音量の方が大きいと思います。


関連エントリー:ロジテックのLightning対応FMトランスミッター「LAT-FMIB03」をチェック




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事