アクセサリ

JBLのLightningコネクタ対応ノイズキャンセリングイヤホン「JBL REFLECT AWARE」を試す

JBL REFLECT AWARE

JBL REFLECT AWARE

ハーマンインターナショナルが販売する、JBLのLightningコネクタ対応ノイズキャンセリングイヤホン「JBL REFLECT AWARE」を試してみました。

ノイズキャンセリング方式は「ハイブリッド式ノイズキャンセリング」を採用することで、優れた消音性能と高音質の両立を実現し、騒音が気になる場所でもクリアなJBLの高品位サウンドを楽しめます。


JBL REFLECT AWARE

JBL REFLECT AWARE

Lightningコネクタを採用したノイズキャンセリングイヤホンで、Lightningコネクタで接続するため、充電の必要がありません。

MFiライセンスリモコン特有の3ボタンリモコンに、アンビエントアウェア調整オン/オフボタンが追加されています。


JBL REFLECT AWARE

JBL REFLECT AWARE

14.6mmの新開発大口径ドライバーが採用されています。

また、防汗仕様でスポーツでの使用にも可能で、イヤチップはフィット感に優れたスタビライザーが採用されています。


My JBL Headphones

My JBL Headphones

iPhoneアプリ「My JBL Headphones」を起動すると、JBL REFLECT AWAREが認識されます。

ハイブリッド方式ノイズキャンセリングのオン/オフに加え、周囲の環境音の聞こえやすさを調整することができる「アンビエント・アウェア機能」のレベル調整が可能(左右独立も化)です。

これは、リモコンボタンとも連動します。


My JBL Headphones

My JBL Headphones

My JBL Headphonesアプリにはイコライザー機能も搭載されています。

あらかじめジャズ、ボーカル、ベースの3つが用意されています。

イコライザーのプリセットは、自分で新規作成することも可能です。


Aha Radio

Aha Radio

ハーマンインターナショナルは、iPhoneアプリ「Aha Radio」も提供しています。

このアプリは、インターネットラジオ、ニュース、ポッドキャストや天気予報など、世界4万局以上のウェブコンテンツを楽しむことが出来ます。


JBL REFLECT AWARE

JBL REFLECT AWARE

JBL REFLECT AWAREを装着してみました。

実計量は29gで、長時間使用しても疲れることはありません。

人間工学に基づき設計されたイヤーチップに加え、スタビライザーが耳甲艇にしっかりはまり、抜け落ちることはありません。


JBL REFLECT AWARE

JBL REFLECT AWARE

トオンのiPhone用オーディオ測定アプリ「Audio Frequency Analyzer」を使用し、YouTubeにある「20Hz to 20kHz (Human Audio Spectrum)」を再生し、1/3オクターブ・スケールで対数表示してみました。

低音域が持ち上げられ、続いて中音域が少し持ち上がる感じのようで、Apple Music音源で、AACコーデックによるカットされた部分を補う感じのチューニングがされている気がします。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事