アクセサリ

OmakerのBluetoothスポーツイヤホン「Omaker Bluetooth 4.0 Wireless Stereo Sport Headphone」を試す

Omaker Bluetooth 4.0 Wireless Stereo Sport Headphone

Omaker Bluetooth 4.0 Wireless Stereo Sport Headphone

Omakerが販売するBluetoothイヤホン+ランニングアームバンドセット「Wireless Bluetooth Headphones Omaker Bluetooth 4.0 Wireless Stereo Sport Headphones Earbuds Earphone with Built-in Microphone + Sport Armband Case」を試してみました。

Bluetooth4.0+EDRや、クリアな周りの騒音の影響を受けにくく、快適な通話を実現する「CVC6.0」(Clear Voice Captur6.0)を搭載したスポーツヘッドセットです。


iPhone 6s・iPhone 6s Plusを収納可能なスポーツアームバンドも同梱されています。

単体では販売されておらず、スポーツヘッドセットとのセットでしか購入出来ないようです。


イヤーチップは、標準で装着されているサイズを含め3種類同梱されています。

また、耳当たりが良くグリップ力を高める耳かけ形状パーツも付属しています。


本体の充電は、付属するmicroUSBケーブルを使用し、満充電約2時間で、音楽連続再生約5時間、待ち受け168時間となっています。

対応プロファイルは、HFP 1.6、HSP 1.2、AVRCP 1.4、A2DP 1.2となっています。


iOSの設定>Bluetoothから、OM-HP100を認識させてペアリングを確率します。

一度確率したら、Omaker製ヘッドフォンの電源を入れるだけで自動接続されるようになります。


Apple Musicで音楽再生し、Omaker製ヘッドフォンで視聴してみました。

筐体がプラスチック製のためか、低音の解像感が低いと思いますが、シャリシャリ調が好きな人には向いていると思います。


イヤホンを後ろから回して耳に装着するため、イヤホンケーブルは首後ろに位置するようになります。

もし、イヤホンが耳から外れても、後ろからイヤホンケーブルを回しているため、落下する可能性は低いです。


耳かけ形としてはかなり大きなユニットですが、ユニット類が全てこの中に納まっていると考えると致し方ない気もします。

ワイヤレス型スポーツヘッドセットで、アームバンド付きでこの価格なら満足出来ると思います。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事