アクセサリ

アンカー・ジャパンのiPhone 6s用タフ保護ケース「Anker ToughShell iPhone 6s」を試す

Anker ToughShell iPhone 6s

Anker ToughShell iPhone 6s

アンカー・ジャパンが販売を開始した、iPhone 6s用タフ保護ケース「Anker ToughShell iPhone 6s」を試してみました。

丈夫なTPU素材を用いることで、端部や背面パネルを支えShockShieldテクノロジーにより衝撃を吸収・分散し、iPhone本体への衝撃を最小化するケースです。


Anker ToughShell iPhone 6s

Anker ToughShell iPhone 6s

ケースは、紙製のパッケージに入っているのですが、黒い箱に銀色文字でロゴが印刷された梱包が採用されています。

その中に、ケースが納められている形で、パケージ梱包のデザインから、高級感を感じられるようになりました。


Anker ToughShell iPhone 6s

Anker ToughShell iPhone 6s

かなり肉厚のTPU素材が使用されていて、内側に幾何学パターンを施し、iPhone 6/6s本体を支えつつ、TPU素材がベッタリ貼り付かない工夫がされています。

また、4角にはくぼみが設けられていて、空気クッションのような仕組みも取り入れられています。


Anker ToughShell iPhone 6s

Anker ToughShell iPhone 6s

TPUケースの外側に装着されているパネルは、金属製ではなく、塗装されたポリカーボネート製パネルとなっています。

そのため、本体を捻ると、外側のパネルも一緒に捩じれます。

金属パネルが装着されている場合、本体を捻ると外れる可能性がありますが、こちらはあまり問題ありません。


Anker ToughShell iPhone 6s

Anker ToughShell iPhone 6s

iPhone 6/6sを実際に装着してみました。

iSightカメラ回りは、Apple デバイス用ケース設計ガイドラインで規定されている大きさ以上に開けられていているため、フラッシュ撮影時のフラッシュ写り込みも心配なさそうです。


Anker ToughShell iPhone 6s

Anker ToughShell iPhone 6s

3.5mmヘッドフォンミニジャックに、Apple EarPods with Remote and Micを接続してみたところ、問題なく接続することが出来ました。

また、Lightningケーブルも問題なく接続できました。


Anker ToughShell iPhone 6s

Anker ToughShell iPhone 6s

液晶面の縁は、最大0.65mmの高さがあると説明がされていますが、実際は、ほぼ面位置に近い感じがします。

液晶面を下にして地面に落下する場合に備えて、Anker iPhone 6 4.7インチ用 強化ガラス液晶保護フィルムを貼っておいた方が良さそうです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事