アクセサリ

アンカー・ジャパン、iPad Airを2台充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore 20100」を発売開始

Anker PowerCore 20100

Anker PowerCore 20100

アンカー・ジャパンが、モバイルバッテリー「Anker PowerCore 20100」を発売開始しています。

PowerCoreブランドシリーズの第3弾で、バッテリー容量は20100mAh、USBポートの最大出力は2.4Aで、2ポート合計最大4.8A出力に対応しています。


Anker PowerCore 20100

Anker PowerCore 20100

これまでのAstroシリーズとは異なり、筐体表面はマット仕上げとなっています。

サイズは、Anker 2nd Gen Astro E6と比べ、長さは同じで、幅が22mm小さくなっています。


本体の重さは363gで、Anker Astro E6 20800mAhと比較して約94gもの軽量化されています。

軽量化しつつ、パナソニック製円筒形リチウムイオン電池「NCR18650B」を6個搭載し、バッテリー容量を200mAhアップされています。


Anker PowerCore 20100

Anker PowerCore 20100

付属品は、アンカーバッテリー製品と同様に、特製ポーチと、Anker PowerCore 20100本体を充電するためのMicro USBケーブルとなっています。

付属するMicro USBケーブルは、本体と同色となっています。


Anker PowerCore 20100

Anker PowerCore 20100

Anker PowerCore 20100にLightningケーブルを2本接続し、iPhone 6とiPad mini 3を充電してみました。

iPhone 6であれば最高7回、iPad mini 3では最高2回充電することが可能です。


Anker PowerCore 20100

Anker PowerCore 20100

今度は、iPad Air 2とiPad mini 3の2台同時充電が可能か試してみたところ、どちらも充電することが出来ました。

これまでのAnker Astro E6 20800mAhの場合、1ポートの最大出力は5V/2.4Aですが、2ポート合計出力量は5V/4Aであったため、iPadを2台同時に充電することは出来ませんでした。

Ankerの、サージ保護機能とショート防止機能による多重保護システムにより、安心して使用出来ます。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事