アクセサリ

トリニティの次元シリーズ第3弾「iPhone 6 次元シリーズ」をチェック

iPhone 6 次元シリーズ

iPhone 6 次元シリーズ

トリニティが、最先端の3Dデジタルデータ作成システムを使用して作られた、純日本製のiPhone 6用ケース「iPhone 6 次元シリーズ 峰/縫/衲/輝 3Dテクスチャー カードポケットケース」を発売開始したのでチェックしてみました。


ポリカーボネート素材から、三井・デュポンポリケミカルのエチレン系ポリマー素材「ハイミラン」を採用し、強靱さと耐摩耗性を向上させつつ、柔軟性も持ち合わせています。

今回、Simplismブランドに抱く品質への拘りに対する期待感は、この新素材のせいか、満足できませんでした。


ハイミラン素材を採用したことで、アイオノマー樹脂が持つ、非常に強靭で、適度な弾力性と柔軟性を有すことにより、ケースを曲げても割れることはありません。

この素材は、ゴルフボールなどで採用されることが多いのですが、トリニティは、この素材をケースに使用することに挑戦したようです。


ケースは、iPhone 6の液晶面に対して面一仕様のため、ガラス液晶フイルムなどを貼っている場合、液晶面を下にして置くと、ガラス面が床に直接触れます。

液晶面が床に付くのが嫌だと感じる方には向きません。

ちなみに、Apple Storeで販売されているiPhone 6ケースは、0.5mm高さを設けた製品が販売されています。


ケースの内側には、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードなどを収納することが出来ます。

ただ、使用するには、読み取りエラーを防ぐ「Anti-magnetic Sheet」が別途必要になります。


iPhone 6用次元シリーズは、底面側の開口部が平面処理されています。

この平面処理のため、Lightningケーブルは、Apple純正のように、Lightningコネクタ部分が非常に小さいものしか挿す事が出来ません。

他社製のLightningケーブルを利用する場合、いちいちケースを外す必要があります。


金型から抜くため、側面処理のデザインに苦労した痕跡が見受けられます。

ストラップホール回りに、それが顕著に現れていて、大変だろうな〜と思いつつも、どうして、こんなにはっきり目につくような状態なんだろうと不思議に感じます。

ちょっとバリが立っている所もあるので、最終的には、少し手作業による磨き工程を入れた方が良いんじゃないかと思います。


Simplism iPhone 6 次元シリーズ 峰

Simplism iPhone 6 次元シリーズ 峰

立体的な幾何学模様をあしらった「Simplism iPhone 6 次元シリーズ 峰」は、これまでの次元シリーズの中でも投入されてきたモデルで、今回、それが透明度を持ったケースとなりました。

固いイメージの次元は、柔らかさを持った製品となりました。


Simplism iPhone 6 次元シリーズ 縫

Simplism iPhone 6 次元シリーズ 縫

革製品のテクスチャーをケースの3Dデータに幾重にも重ね付けし、手作業でシワやステッチを追加した「Simplism iPhone 6 次元シリーズ 縫」は、これまで「革」として発売されてきたモデルの進化系です。

ケースを横に流れるステッチデザインは、本物の革では有り得ないかと思うのですが、滑り防止には効果的だと思います。


キルトのテクスチャーをケースの3Dデータに採用した「Simplism iPhone 6 次元シリーズ 衲」は、布のような質感を目指した製品のようですが、革の質感を目指した方が、よりリアル感が増したように思えます。


ケースの3Dデータ上に光を取り込み最大限に乱反射するように作り込んだデザインを採用した「Simplism iPhone 6 次元シリーズ 輝」は、ビーズで形作られたようなケースです。

これまでの次元シリーズの中で、一番女性らしさを持った製品だと思います。

この輝テクスチャのせいが、全体に歪みが生じていて、ハードケースとは呼べるレベルではありませんが、一色のビーズで作ったケースとして考えると、しっかりしていると思います。


関連エントリー
トリニティの触っても本物だとしか思えない新次元の触感を持ったiPhone 5用ケース「次元 for iPhone 5」を試す
トリニティの触っても本物だとしか思えない新次元の触感を持ったiPhone 4S用ケース「次元」を試す




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事