アクセサリ

ミヤビックスのiPhone 6用保護ガラスシート「OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6」を試す

OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

ミヤビックスが販売するiPhone 6用保護ガラスシート「OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6」を試してみました。

旭硝子製の硬質な「Dragontrail」を採用した保護ガラスシートです。

レールミューズ製のTouch IDに対応した「アルミリング付きホームボタンシール for iPhone/iPad」が同梱されています。


OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

フレームタイプの液晶ガラス保護フィルムで、大きなRが特徴的な0.55mmの保護ガラスシートが採用されています。

前面を端から端までカバーするサイズとなっています。


OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

付属するアルコールパッドを使用して表面を掃除し、クリーニングクロスで吹き上げします。


OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

空中に舞うホコリや、吹き上げするクリーニングクロスの繊維などが残ってしまう場合は、セロテープを使い、軽く叩いて取り除くのが一番簡単です。


OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

1と書かれたフィルムを剥がし、iPhone 6のマイクやホームボタンなどの位置を合わせて、保護ガラスを端から落としこんで貼り込みします。

液晶保護フィルムのように、気泡が入り込まないよう、ゆっくり作業するのが良いでしょう。


OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

端の処理は、ガラス保護シートの端部分を巻き込むような特殊な加工がされている「Armorz Stealth Extreme R with Curve Protect 強化ガラス保護シート for iPhone 6」と比べると、隙間があります。

ただ、製品の端がR処理されているため、指に引っ掛かる感じはありません。


OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6を貼ってからでも、一般的なPU素材のケースなどは利用可能です。

ビニールタイプのフィルムより、ガラスタイプが良いんだけど、貼るのが得意ではない片でも安心して貼れると思います。


OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6

フレームタイプのガラス保護フィルムは、olloclipのiPhone 6・iPhone 6 Plus用魚眼、ワイド、マクロレンズのセット「olloclip 4-IN-1 フォトレンズ for iPhone 6 and iPhone 6 Plus」を使用する場合などに便利です。

一般的な保護フィルムの場合、olloclip 4-IN-1 フォトレンズのガイドが固く、フィルムを浮かしてしいますが、ガラス製の場合は、そうした心配が必要ありません。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事