アクセサリ

米Twelve South製極薄レザーフリップカバー「Twelve South SurfacePad for iPhone 6」を試す

Twelve South SurfacePad for iPhone 6

Twelve South SurfacePad for iPhone 6

フォーカルポイントが販売する、米Twelve SouthのiPhoneを包み込むように保護する本革を使用した極薄レザーフリップカバー「Twelve South SurfacePad for iPhone 6」を試してみました。

iPhone 4用SurfacePad for iPhone 4から数えて第3世代目の製品となり、カード収納機能が新しく追加されています。


装着は、従来モデルと同じ、背面側に接着して使用する方式で、何度でも取り外し/装着することが出来ます。

また、iPhone 6側に糊が残るような事もありません。


iSightカメラ側は、長方形型に大きく空いており、カメラ撮影に干渉することもありません。

ただ、SIMトレイ側を含め、頭面、底面側は保護されないため、iPhone 6を完全に保護する目的での使用には向いていません。


このカバーの底面側には折り目がついているため、iPhone 6を横向き使用した場合のスタンドとしても利用出来るようになっています。


SurfacePad for iPhone 5s/5c/5と比べて0.3mm厚さが増し、2mm厚となっていますが、その変わり、カバーの裏側にカードスロットが2つ追加されています。

FeliCa技術を用いた非接触型ICカードを入れた場合、カバーを閉じた状態で接触させると反応しない場合がありますが、カバーを開け裏側を接触させるようにすれば反応します。


これまでのSurfacePad for iPhoneは、カバーの折り目部分が、長期使用によって革がよれてしまい、浮いたり開いたりするといった問題がありましたが、この第3世代モデルは、折り目部分にステッチ縫いが施され、対策が施されています。


フリップカバー付レザーケースの多くは、iPhone 6を固定するためのハードケース一体型が多く、厚みが増すという欠点がありますが、SurfacePad for iPhoneの場合、革でくるんでいるような感じで使用出来るため、iPhone 6の薄さを損なうことはありません。

液晶面の浮きが気になる場合は、背面側の装着をやり直しするか、型が馴染むまで使用するかすれば浮きは無くせます。


これまでのSurfacePad for iPhoneと同じく、iPhone 6のレシーバー/前面側マイク部分に当たる部分に穴が無いため、カバーをした状態で電話が使えません。

カード収納を1枚にして、カバーした状態で通話が出来る方が良いのか、カード2枚収納をとるかという選択になるわけですが、ほぼ電話として使用するよりも、カバーを開けてアプリ操作している方が長いので、これで良いと思っています。


関連エントリー:フォーカルポイントの米Twelve South製極薄レザーフリップカバー「Twelve South SurfacePad for iPhone 5s/5c/5」を試す




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事