アクセサリ

Uncommonのワンタッチで装着出来るiPhone 5s用防水・防塵・防雪・耐衝撃ケース「Uncommon Safety Waterproof Case for iPhone 5s/5」を試す

ソフトバンクセレクションで販売されている、UncommonのiPhone 5s用防水ケース「Uncommon Safety Waterproof Case for iPhone 5s/5」を試してみました。

Touch IDに対応し、防水性・防塵性はIP68、耐衝撃性はアメリカ軍規格をクリアしたハードケースで、世界的に最も権威のあるデザイン賞の一つ「iF design award 2014」を受賞しています。

また、これまでにないほど簡単に装着/脱着が出来ます。


装着は、側面にあるステンレス製セーフティーロックを外し、ケースの中にiPhone 5sを入れます。

iPhone 5sを入れたら、て再びロックするだけです。


セーフティーロックが外れないように、ロックストッパーをスライドさせて固定します。

これまでの防水・防塵・防雪・耐衝撃ケースは、脱着が面倒でしたが、それを解決した凄い製品だと思います。


側面のサウンドオン/オフボタン、音量調節ボタンも操作することが出来ます。

ただサウンドオン/オフボタンは、スライドした感覚がないため、画面上で確認する必要があります。


底面のヘッドフォンポートを塞ぐネジ式のパーツを外し、ヘッドフォン延長コードをネジにはめ込むことで、ケースを装着した状態でヘッドフォンを使用することが出来ます。

底面には、内蔵スピーカー用の穴も空いています。この穴は、防水素材が使用されています。


Lightningコネクタを使用する場合は、セーフティーロックを外し、底面を完全に露出した状態で接続する必要があります。

他社は、ケースを装着した状態でLightningコネクタを接続出来るものが多いと思いますが、このケースの場合は、砂などが入る可能性がありそうです。


ケースにiPhone 5sを入れてロックし、水に浸けてみました。

IP68準拠の耐水性と耐塵性、米軍規格「MIL-STD 810F-516」をクリアした耐衝撃性を持ち合わせているものの軽く手触りも良いです。

水中ではホームボタンなど、タップ操作には反応しますが、フリック動作などは使用出来ません。


クロスがついた長い棒が付属していて、これを使用することで、ケースの内側からクリアパネル部分を掃除することが出来るようになっています。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事