アクセサリ

ロジクールのiPad (3rd generation)対応Bluetooth 3.0キーボード付きカバー「Logitech Ultrathin Keyboard Cover」を試す

Logitech Ultrathin Keyboard Cover

Logitech Ultrathin Keyboard Cover

Logitechが、iPad (3rd generation)に対応したBluetooth 3.0キーボード付きカバー「Logitech Ultrathin Keyboard Cover」を発売開始したので試してみました。

Smart Coverのようにサイドにマグネットで取り付ける事が可能で、iPadカバーによるロック機構にも対応しています。

日本では夏以降に発売される予定です。


キーボードの裏側はとても薄いアルミ素材が使われていて、キーボード面は艶ブラック調のプラスチックが使われています。

ファンクションキーは、Apple iPad Keyboard Dockに準じていて、fnキーを使用して、別のキー割当も使用可能になっています。


右サイド側に、本体充電用のmicroUSBコネクタ、電源ボタン、Bluetoothペアリング用ボタンが装備されています。

1回の充電は約6時間、待ち受け約15日、約2時間連続使用が可能となっています。


さっそくiPad (3rd generation)に装着してみました。

ちょうどiPad (3rd generation)を2台合わせたような感じになります。

重さは331gで、ZAGGmate with Keyboard(370g)よりも39g軽いです。

また、装着後の重量バランスが良いためか、それほど重いと感じません。


キーボードとして使用する場合は、iPad (3rd generation)から外し、Logitech Ultrathin Keyboard Coverのスタンド部分にiPad (3rd generation)を立てて使用します。

約60度傾斜し、縦立て横立てでも使用することが出来ます。


キーボード自体の出来も良く、キーの感触もしかりとあって使いやすいと思います。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事