アクセサリ

Scoscheのオーバーイヤーヘッドフォン「REALM RH1056」をチェック

REALM RH1056

REALM RH1056

シネックスが販売する、米Scosche Industriesのオーバーイヤーヘッドフォン「REALM RH1056」をチェックしてみました。

無酸素銅のボイスコイルや、通常磁石の約10倍の磁力を持つネオジウムマグネットを採用した直径40mmの大型ドライバを搭載し、高/中/低音をバランス良く鳴らしてくれます。

メモリフォーム・イヤーパッド、ヘッドクッションのカバーは皮革製となっています。


ヘッドフォンケーブルはジャック式で、iPhone/iPodリモコンと音声マイクロフォンが搭載されたケーブル、機能が無いシンプルなケーブルに加え、マイクロフォンとヘッドフォンの入力端子を持ったスプリッターアダプタ、24金メッキの3.5mmコネクタが付属しています。

このケーブルはきしめんのような平型ケーブルで、長さが約2メートルもあります。ちょっと長過ぎるという気もしますが、ケーブル脱着が出来るため、用途に応じて使い分ける事が出来ると思います。


実際にREALM RH1056を装着してみました。

通常のオーバーイヤーヘッドフォンと違い、ヘッド部分が耳の傾きに合わせた設計がされていて、装着した時の密閉感が高いと思います。

音質は解像度感が高く、小さな音量でもはっきりと聞こえます。


tuneQ

tuneQ

Scoscheから、同社のヘッドフォン向けiPhoneアプリとして「tuneQ」がリリースされています。

LEDスペクトラムアナライザ風のビジュアライザーや、10ポジションのグラフィックイコライザーなどの機能を利用することが出来ます。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事