アクセサリ

Omolo、iPhone 3Gバッテリー「iPower」を試す。

iPower

iPower

Omoloが、iPhone 3G用の外付けバッテリー「iPower」を発売開始したので、さっそく白色モデルを試してみました。

iPowerは、しっかりとした箱に納められた形で届いたのを見て、最近の周辺機器としては珍しいなと思ったのが最初の感想です。


さっそくiPowerを取り出してみると、思ってたほど厚みは無い気がします。また、白いプラスチック素材で成形された本体の表面には、艶だしのためのコーティング処理がされているようで、質感も悪くありません。

iPowerは、Dockとしてのクレドール機能も装備されているため、iPhone 3GをiPowerに装着したまま、iTunesとの同期が行えます。

同期中は、先にiPowerに充電が行われ、iPowerの充電が完了するとiPhone 3Gの充電に切り替わる仕組みとなっているようで、ダブル充電でUSB電源不足によるiPhone 3G同期のトラブルも回避されてるみたいです。


背面

背面

背面には、iPhone 3Gのカメラ用の穴と、内蔵スピーカーが装備されています。

この内蔵スピーカーは、iPowerにiPhone 3Gを装着すると自動的にiPowerの内蔵スピーカーに切り替わる仕組みです。


そのため、iPowerには向かって右側にボリュームコントローラーが装備されています。

バッテリー容量はiPhone 3Gの2倍を実現しているそうです。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



今話題のiPhone3Gをみんなで語ろう!


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事