Watch OS

watchOS 7.2:Apple Watchで全体的な健康状態の強力な指標である心肺機能のモニタリングと評価が可能に

watchOS 7.2:心肺機能のレベル

watchOS 7.2:心肺機能のレベル

Appleが、iOS 14.3とwatchOS 7.2により、Apple WatchのユーザーはiPhone上のヘルスケアアプリケーションで自分の心肺機能のレベルを確認でき、心肺機能のレベルが「低い」となった場合にはApple Watch上で通知を受け取ることができるようになったと発表しています。

watchOS 7では、Apple Watchは光学式心拍センサー、GPS、加速度センサーなどの複数のセンサーを使用して、より低いレベルの最大酸素摂取量も推定できます。

これは非常に意味のあることです。なぜなら、最大酸素摂取量を直接測定するには、通常は専門の機器を使って厳密なテストを行う必要があり、多くの人にとって簡単に利用できるものではなかったと説明しています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事