Watch OS

Watch OS:Apple Watch の「省電力モード」の使い方

Apple Watchは、バッテリー残量が少なくなると自動的に省電力モードになります。

省電力モードでは、サイドボタンを押すと現在の時刻が 24 時間の形式で6秒間表示されます。


省電力モード

省電力モード

サイドボタンを押し続け「省電力モード」をオンする手動式も選択出来ます。

Apple Watch が省電力モードになっている間、Apple Watch と iPhone は通信できず、Watch のその他の機能にもアクセスできません。


Apple Watchの消費電力を下げる方法として、iOSのApple Watch Appのマイウォッチ>ワークアウトで「電力を節約」をオンにする方法も選択出来ます。

この場合は、ウォーキングアウトまたはランニングアウトをしている間は心拍センサーをオフにして、Apple Watchのバッテリー消費を抑えることが出来ます。

省電力モードまでとは行きませんが、電力を節約することは可能です。


サポート情報「省電力モードの使い方


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事