Watch App

Huish Outdoors、Apple Watch Ultra用ダイビングコンピュータアプリ「Oceanic+」を発表

Huish Outdoorsが、Apple Watch Ultra用ダイビングコンピュータアプリ「Oceanic+」を発表しています。

スキューバダイビングとフリーダイビングを水深40メートルまで楽しめるように作られたアプリで、ダイバーに必要なコア機能をすべて搭載しています。

多くのダイコン機能が無料で利用可能で、サブスクリプションにより、フルスキューバーダイビングコンピューター機能が利用可能になります。

Oceanic+ アプリをアクティブにすると、ダイビング モードで Apple Watch Ultra の常時オン機能が有効になります。

現在の高度は、現在位置している場所で表示され、最大許容高度は、現在の高度と最後のダイビングに基づいて推定されるそうです。

ダイブ高度は、最後のダイブの開始時と終了時の高度に関連してログブックに保存されたデータとなります。

デバイスの最大許容深度を超えると、NDL データが表示されなくなり、センサーデータが危険にさらされる可能性があるそうです。

O2 飽和および毒性限界に達すると、CNS アラームが表示される場合があり、これらは、特に高所での、酸素を豊富に含むナイトロックス ダイブの繰り返しである可能性があるそうです。

このメッセージが表示された場合は、ダイビングを安全に終了し、残りの酸素飽和度低下時間の間、それ以上のダイビングを行わないことをお勧めしますと説明がされています。

ダイビング中は、水中タイマー、カレンダー表示変更、画面拡大表示、メディカルID内で過去48時間のデータ表示などは利用出来ないそうです。

水中でタッチスクリーン操作は出来ず、ユーザー ナビゲーションは、アクションボタンとクラウンを介してのみ実行します。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事