Watch

Apple Watch本体の溝にある6個の接点は診断ポート(diagnostic port)

diagnostic port

diagnostic port

Apple Watch本体のバンドをとめるための溝の片方に6個の接点端子が装備されています。

TechCrunchのMatthew Panzarino氏の記事の中で「diagnostic port」だと確認したと説明されています。

工場生産時にWatch OSをインストールしたり、Genius Barでバッテリー状況を診断したりするために使用するポートとして用意されていると考えられます。


関連エントリー:Apple Watch バンドのエンドピース構造について


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事