US Keyboard

US Keyboard

Macintoshを購入する場合、Apple Online StoreのB.T.O.によって、ハードディスク容量やメモリー、英語キーボードなど、様々な仕様変更を行って購入することが出来ます。

この、サービスは、Apple Online Storeだけのサービスではなく、各Appleショップや、アップル正規サービスプロバイダの資格を持つ、キットカットPLUS YUエレクトリックパーツ高知などで「Mac オーダーメード」というC.T.O.形式で購入することが可能です。ただ、店頭に在庫があるモデルを仕様変更して持ち帰ることは出来ません。

Apple Retail Storeですと、MacBook Proの場合、非光沢仕様のワイドスクリーンディスプレイクリアワイドスクリーンディスプレイのどちらかを店頭で選択出来ます (高解像度版は用意されていません)。また、キーボードは、購入時のみ、その場で英語キーボードに変更してもらう事が出来ます。(なお、後に下取りに出す場合、英語キーボードのモデルは、下取り価格が下がります。)


では、購入後、英語キーボードに変更するにはどうすれば良いのでしょう?

他社を見てみると、日本ヒューレット・パッカードソニーシャープなどが有償サービスとして行っています。

Macの場合で調べてみると、以前はアップルも英語キーボード交換サービスを有償で提供していましたが、現在は、Genius Barも含めて、サービスの提供は行われていないようです。

でも方法はいくつかります。まず一つは、Vintage Computerや、アミュレットで販売されている英語キーボードパーツを購入し、自分で交換作業を行う方法が有ります。ただ、この場合ですと、もし作業中にトラブルが有った場合、自己責任になってしまいますので、スキルの無い方にはハードルが高いと思います。

もう一つは、ビックカメラ有楽町店の「アップルサポートカウンターサービス」で提供されている「USキーボード交換サービス」(PDF)を利用する方法が有ります。

こちらは、Apple Authorized Resellerによるサービスなので、保証が無くなる事は有りません。また、最近、MacBook Airも対象になりました。

提供価格が結構高いように思いますが、Genius Barで有償修理を受ける場合、部品代とは別に「レベル1:1万円」「レベル2:1.6万円」の作業工賃が追加されるので、上記ショップで販売されているパーツ価格を考えると、特に高いというわけではないようです。

ただ、この一店舗のみでしかサービスの提供が行われていないのが難点だと思えますので、僕としては、現在、募集が行われている「Apple Premium Reseller」の店舗では、このサービスが標準で提供されて欲しいと願っています。


PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する