Parallels Desktop 13 for Mac

Parallels Desktop 13 for Mac

Parallelsが、Mac用仮想化ソリューション「Parallels Desktop 13 for Mac」の製品説明会を開催しました。

初代製品が発売されて11年目を向かえ、アメリカでは8月22日に発表されています。


Parallels Desktop 13 for Macは、MacBook ProのTouch Barに対応し、お気に入りのWindowsアプリケーションを追加することが可能になっています。


Windows 10 People Bar の新機能を Mac に活用することが可能で、最新の連絡先を Windows のタスクバーまたは Mac の Dock に表示することができます。


Windows のファイルとドキュメントへのアクセスが最大40%以上高速化されるなど、パフォーマンスの向上が行われています。

USB 3.0 大容量ストレージデバイスと外部 Thunderbolt SSD デバイスを使用して、瞬時の移動、コピー、転送が可能になっています。


Mac Proにも対応し、Parallels Desktop for Mac Pro Edition には、仮想マシン 1 つあたり最大 32 の vCPU と 128 GB の vRAM が搭載されるようになりました。


企業向け機能として、Windowsアプリが1つだけ動かす「シングルアプリケーションモード」が利用可能になっています。


新しいOSである「macOS High Sierra」と「Windows 10 Fall Creators Update」に対応しています。


MacBook Pro の Touch Bar に対応し、Windowsのタスクバーに追加されたアプリが、Touch Barでも表示されるようになっています。

また、Microsoft Office for Windowsを起動すると、独自にデザインした機能がTouch Barに表示されるようになっています。


このTouch Bar表示は、任意のWindowsアプリケーションに対して、カスタムメニュー追加を行う事により、Touch Barメニューをユーザーが作成することが可能になっています。


なお、Windows標準アプリケーションを含め、任意のショートカットアクションに対応していない場合、機能利用出来ない場合があります。


Windows 10 People Bar 機能を Mac に活用することが可能となり、最新の連絡先を Windows のタスクバーまたは Mac の Dock に表示することが可能となっています。

なお、Windowsのタスクバーでは3人以上は表示されない仕様となっているのに対して、macOSのドック上ではユーザー数制限無く表示されるそうです。


新しいビューモード「ピクチャ・イン・ピクチャ」を使用することが可能で、簡単に仮想マシンを別のサブウィンドウ表示することが可能です。


CADデーターを使用した照明シミュレーションソフト「DIALux evo 7」をデモで動かし、OpenGL対応の強化を行っていると説明しました。


Retina サポートの強化を行い、サイズ調整できるモードでの Windows アプリケーションの表示改善を行っているそうです。


また32個のツールが収録された「Parallels Toolbox 2.0」がバンドルされています

動画からGIFを簡単に作成することが出来るツールや、YouTubeやFaceboookから動画を簡単にダウンロードするツールなどが含まれています。


Windowsを90日間体験版で使用する場合、正規版を購入したとしても、90日間後の場合は、一旦無料体験版を捨てる必要があったが、Microsoftとの協議により、無料体験版に有効キーを追加することで継続利用することが可能になっているそうです。

また、動的解像度が可能なツールも含まれています。




PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する