adobe photoshop elements 12

adobe photoshop elements 12

アドビシステムズが発表した、より簡単に使用でき、モバイル連携やSNS連携を強化した「adobe photoshop elements 12」を試してみました。

必要システム環境がOS X Lion以降となり、アイコンデザインも一新されています。

バンドル(Mac App Store版を除く)される「adobe elements organizer 12」については、リンク先を参照して下さい。


クイック効果

クイック効果

簡単編集機能の「クイック」をクリックすると、これまでのスマート補正などのクイック調整に加え、右下にフィルター編集の「クイック効果」、テクスチャー編集「クイックテクスチャー」、フレーム編集「クイックフレーム」が追加されています。


パズル効果

パズル効果

ガイド編集の楽しい編集に、写真をパズルのように編集出来る「パズル効果」が追加されています。

パズルのサイズを選ぶと、写真がパズル化されます。

このパズル編集は、任意のパズルピースを抜き出して移動することができ、リアル感を演出することが出来ます。


露光間ズーム効果

露光間ズーム効果

ガイド編集の写真効果に「露光間ズーム効果」が追加されています。

切り抜きツールを使用して、主要な被写体が中央に来るように画像を切り抜きます。

完了ボタンをクリックし、続いて露光間ズームを追加ボタンをクリックすると「ぼかし(放射状)」処理が行われます。

焦点領域を追加し、放射状効果の加工領域を調整します。


昔風の写真

昔風の写真

ガイド編集の写真効果に「昔風の写真」が追加されています。

階調を調整し、テクスチャーを追加したり、色相/彩度を追加することで、古いフィルム撮影した写真風に仕上げることが出来ます。


エッジを自動的に塗りつぶし

エッジを自動的に塗りつぶし

エキスパートの変更に「角度補正ツール」に「エッジを自動的に塗りつぶし」が追加されました。

カーソルで線を引くだけで角度補正が出来る機能ですが、その場合に余白が生じますが、その余白を補完し、写真サイズを小さく切り抜きしなくてもよくなりました。


コンテンツに応じた移動

コンテンツに応じた移動

エキスパートの変更にあった「型抜きツール」が「コンテンツに応じた移動」に変わりました。

移動したい部分を選択し、選択範囲を移動を行ったあと、元の場所が写真を元に補正修正が行われます。


ペットの目補正

ペットの目補正

エキスパートの赤目補正に「ペットの目」補正が追加され、チェックを入れると、犬や猫の赤目補正を行うことが出来ます。

編集方法は、従来通り瞳をクリックするだけで行えます。


自動スマートトーン補正

自動スマートトーン補正

メニューの画質調整に「自動スマートトーン補正」が追加され、ユーザー補正の好みを記憶し、次の補正に自動的に適用することが出来ます。

画像補正を微調整するには、コントローラーを動かします。

四隅には、その方向にドラッグした場合に得られる修正結果が表示されます。


関連エントリー
アドビ システムズのAdobe Revel連携強化やTwitter投稿に対応したメディア管理ソフト「adobe elements organizer 12」を試す
アドビ システムズの学べるガイド機能が搭載された動画編集ソフト「adobe premiere elements 12」を試す




PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する