工商時報より

工商時報より

工商時報が、Appleのサプライチェーン関係者の情報として、2020年末までにTSMCの5nmプロセス技術を使用したApple Silicon用A14Xプロセッサの量産を開始し、12インチRetinaディスプレイを採用したMacBookに搭載されると話したと伝えています。

A14Xプロセッサを採用したMacBook (Retina, 12-inch)は、バッテリー持続時間が最大10時間〜12時間となる可能性があるそうです。

また、Appleは、TSMCの5nmプロセス技術を使用したApple Silicon Mac用のGPUも開発中で、2021年後半に発売予定のiMacに搭載される予定だとも伝えています。

iPhone 12シリーズで採用されるA14はコードネーム「Sicilian」、iPad ProとApple Silicon Macで採用されるA14Xはコードネーム「Tonga」、2021年iMacで採用されるApple GPUはコードネーム「Lifuka」と呼ばれているようです。


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する